大きな力と大きな責任

この間、久しぶりにアメイジングじゃない方のスパイダーマン1を観ました。劇中でピーターの養父である叔父さんの「大きな力には大きな責任が伴う」という台詞があります。ピーターが蜘蛛の能力を手に入れた少し後ですね。非常に納得できる台詞だと思います。

会社でのキャリアアップ、肩書が上がっていくと同時に責任事も大きくなっていきます。そうじゃないにしても、大きな力というのはそれなりの責任がついて回ってくるものです。ですので使い方というのが非常に重要になってくる、というわけです。

個人的には最近、権力などの他にもITの力ってのもその大きな力になってるんじゃないかなと思うのです。正確には情報の力、という言い方をした方が正しいんですけど、近年はその情報を用いるテクノロジーの占める割合ってのはかなり大きなものになると思いますので。というのも、現代社会では何をするにも情報最優先で、それを扱うIT技術ってのはとても重要です。

しかし使い方を間違えれば会社を潰したり、人の命も簡単に奪えるものになってしまっています。少し前によくあったtwitterでやんちゃ報告をして、飲食店舗を閉店にまで追い込んだようなものがいい例です。身近で、手軽で、便利になった分だけ、その辺の危機感というのが希薄になっているのかもしれません。それを操作する端末自体は小さなものです。しかし、その先にはネットの海という大きな力が広がっていて、使い方1つでとんでもない凶器や狂気になってしまう可能性がある、ということを改めて認識する必要があるのかな、と思う一言でした。

hirai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です